なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊本でさらに大きな地震・・・M7クラス

<<   作成日時 : 2016/04/16 02:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月16日午前5時更新


正直、この地震は回数が多いという話より、地震の専門家でさえも想定外な感覚で大きな地震が繰り返しやってきているのではないかとさえ思う。どう見ても異常である。今回は津波警報まで出ており、一昨日の地震が前震となってしまったわけだ。最悪の結果である。

これで今後の地震の動向がどうなるかは完全に分からなくなった。何より熊本では徐々に余震が小さくなると信じていたはずだ。これによってさらなる被害が出ている可能性が高い。

そして、これが本震なのか?それとも、もっと大きな地震が控えているのか?時間が経過してみないと分からない。結果、人々は外で怯えることになる。今後もこの規模の地震が続けば高耐震の建物も倒壊の恐れが強まる。この後に雨も予想される今、これ以上大きな地震が来ないことを祈るしかできないのは、人の無力である。

<鳴り響く緊急地震速報・・・変わる地形>

これは明らかにおかしい。徐々に阿蘇や大分などの地域でも地震が広がっている。メディアや気象庁は、これが本震などと宣っているが、たった数時間で以下の回数速報が出て6クラスが4回も発生している。これは東日本大震災の数倍のペースである。東日本震災では5クラスが多かったが、この地震は6クラスが相当数ある。

耐震性の高い建物でもこれほど続くと、潰れるリスクは増す。

2016/04/16 04:40 (大分県西部) 3.9 ---
2016/04/16 04:30 (大分県中部) 3.5 ---
2016/04/16 04:26 ((キャンセル報)) --- ---
2016/04/16 04:24 熊本県阿蘇地方 4.5 4
2016/04/16 04:23 熊本県阿蘇地方 3.9 4
2016/04/16 04:21 ((キャンセル報)) --- ---
2016/04/16 04:18 熊本県阿蘇地方 4.3 4
2016/04/16 04:15 (熊本県熊本地方) 5.5 --- 〇
2016/04/16 04:09 (熊本県阿蘇地方) 3.6 ---
2016/04/16 04:05 (熊本県熊本地方) 4.0 ---
2016/04/16 04:04 ((キャンセル報)) --- ---
2016/04/16 03:55 熊本県阿蘇地方 5.8 6強 〇
2016/04/16 03:34 熊本県熊本地方 3.9 3
2016/04/16 03:32 熊本県阿蘇地方 3.8 3
2016/04/16 03:26 熊本県熊本地方 4.1 4 え
2016/04/16 03:16 熊本県阿蘇地方 4.1 4
2016/04/16 03:15 ((キャンセル報)) --- ---
2016/04/16 03:08 ((キャンセル報)) --- ---
2016/04/16 03:03 熊本県阿蘇地方 5.8 5強 〇
2016/04/16 03:01 岩手県沿岸北部 4.1 2
2016/04/16 02:49 大分県中部 4.1 4
2016/04/16 02:49 大分県中部 4.1 4
2016/04/16 02:34 (熊本県熊本地方) 3.5 ---
2016/04/16 02:33 (大分県中部) 3.4 ---
2016/04/16 02:33 ((キャンセル報)) --- ---
2016/04/16 02:29 (大分県中部) 3.8 ---
2016/04/16 02:04 熊本県熊本地方 4.9 4
2016/04/16 01:56 熊本県熊本地方 4.7 4
2016/04/16 01:45 熊本県熊本地方 6.0 6弱 〇
2016/04/16 01:44 熊本県熊本地方 5.3 5弱 〇
2016/04/16 01:30 熊本県熊本地方 5.4 4
2016/04/16 01:25 熊本県熊本地方 7.1 6強 〇
(気象庁ホームページ−緊急地震速報(予報)発表状況よりURL以下)
http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/fc_hist/index.html

これで、現地の人に屋内避難をというのは無理だ。震度規模から見ても6が多く、異常値を示しているといえる。
本当に、火山噴火の可能はないのか?いつこれが終わるのか?メディアで専門家を東京に集めて語らせるより、そういう人材を現地に派遣して早急に調査し、少しでも阿蘇火山帯周辺で噴火やさらに大きな地震の危険があるなら、その可能性も含めて早めに結果を出して欲しいものだ。

<これが本震ですじゃすまない>

本震ならこれから地震は減っていくはずだ。これは、あくまで緊急地震速報の予報データであり、大地震時にのみ流れるデータだ。上記を見て減っているという人は居ないだろう。状況の悪化を認めたうえで、これも前震になり得ることを強調すべきである。

何より、何もなければ良いがもっと大きな何かが隠れている場合、その大きなものが来る直前に人々が逃げる時間があるのか?そういったところも考えないとすでに後手後手である。その都度専門家が修正するのはやめろと言っておく、わからないことはわからないでもよいが、後になって次が本震でしたでは、今後もっと死人が出るような事態が起きるのだ。大きな災害の予知の仕事は、確かに、今回が本震らしいといえるだろうが、分からないことを前震だった、本震だったと言われると、被災者がどう思うか考えなければならない。人の命がかかっていることを理解して、少なくとも予測の限界と、どういう場所が避難に適当かを伝えることに重点を置いてほしいものだ。

そして、専門家はその一言で人が安心して、家に戻ったりパニックになる可能性があることも、そして避難が遅れることもあることを忘れないでほしい。道路などが潰れてから、避難も困難になってから、もっと大きな災害が来たら・・・それこそ、何のための予知なのか分からないのだから・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊本でさらに大きな地震・・・M7クラス なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる