なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Sports Authority(スポーツオーソリティ)連邦破産法11条を適用し破綻

<<   作成日時 : 2016/03/03 08:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本法人の話ではない。これは、本家である米国法人の話である。ちなみに、日本法人は米国法人から2割未満の出資を受けているが、残りはイオン株式会社が所有しており、実業務への影響は少ないと思われる。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2016030200923

<著しい速度で進むオンライン販売との競合>

米国では、家電大手(ラジオジャック)、CD販売店(HMV、タワーレコード)などの破綻が起きている。また、衣料品やショッピングセンターの業績も好調とは言えない。トイザらスがニューヨークの大型旗艦店から離れたのも、そういった影響が見え隠れしている。

強いのは既に、Amazonのようなネット小売チェーンである。

そのような状況化でスポーツオーソリティが弱るのは、時代かもしれない。
問題は、この流れが日本でも近づいていることである。

大手流通グループであるイオンとセブンアイホールディングスは、GMS事業(イオンリテールとイトーヨーカ堂)が業績悪化に苦しむ。コンビニエンスストアは多店舗展開で売上げを伸ばしている一方で、フランチャイズの店舗は業績が良ければ周囲に同じグループの直営店舗やフランチャイズ店が出店するというつぶし合いの様相を見せている。

ファッションブランドなどは、既に何店舗が撤退したり倒産も近年は起きている。
今は、ディスカウントドラッグがタケノコのように成長しているが・・・これも、タケノコ並に速い割に根は浅い。家電店ではヤマダ電機が不採算店を一気に閉鎖したのは記憶に新しい。

即ち、他国の話とは言えないのである。特に、特定の専門販売業は流行廃れの影響を受けやすい。今後は、人件費や施設費を抑えるため、ネット販売を強化しつつ、実店舗を市場規模に合わせた身の丈に変更する必要がある。それができなければ今成長している企業でも、突然苦しくなる日がやってくるそんなとても、難しい時代に入ったと言える。

これが、吉か凶かというと、現状で言えば一定の規模を持つネット販売業の経営者なら吉かもしれない。しかし、労働者と実店舗の経営者には凶かもしれない。今、デジタル社会になるほど、庶民の生活は悪化していくように見えてならない。




伝える力 [ 池上彰 ]
楽天ブックス
「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える! PHPビジネス新書 池上彰 PHP研究所【kjp3倍】


楽天市場 by 伝える力 [ 池上彰 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sports Authority(スポーツオーソリティ)連邦破産法11条を適用し破綻 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる