なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 「空母型」フェリー、国産第1号が4月に就航・・・ただの甲板貨物客船だと思いますが?

<<   作成日時 : 2016/03/23 11:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

産経WESTの記事だが、内容が空母型と書かれていたので、クリックしてしまった。読むんじゃ無かったと思うほど、酷い写真記事で別の意味で驚いた。軍用艦に見せた見出しを付けるのは、産経らしいと言えばらしいが、空母型というとよほど大型なのかと思ってしまった訳だ。

この規模なら、旅客甲板(りょかくかんぱん)が平らなだけに過ぎず、甲板貨物・旅客船(こうはんかもつりょかくせん/かんぱんかもつりょかくせん)や甲板渡し船(こうはんわたしぶね/かんぱんわたしぶね)というのが一般的だと思うが・・・。しかも、旅客では今や珍しいのかも知れないが・・・。
http://www.sankei.com/west/news/160323/wst1603230010-n1.html


<空母型は航空機、ヘリコプター、戦闘機が離発艦できる大きさ>

一般に空母型というなら、最低でも全長が400〜600mぐらいは必要だろう。目的が航空機の離発艦ではなくとも、そのぐらいあれば、空母っぽい船舶となる。そもそも、こういう形の甲板が平らな船は、台船などで存在しており、特別なものではない。後は、目的として渡し船として使うか、旅客に使うのかぐらいの差でしかないのだ。

そもそも、これに似た船は国内に限らなければ、あると思うが・・・右よりか左よりかのどっちかが、珍しいのだろうか?過去に日本に無かったのかも怪しいレベルだと思うが・・・。最近は、人口の多い場所なら、ほとんど橋で離島は繋がっているため、そういう、車両と人の渡し目的での船舶が減ったから珍しいだけではないのかと思ってしまった。

きらきらした目で見られないのは、きっと私が幼い子供の心を忘れたからだろうが・・・こういう記事を読んで、ちょっと突っ込みたい自分は、ダメだなとへこんでしまう。それでも、やっぱりおかしいと思うのが、こういう記事の後味の悪さである。もう少し、適正語彙を考えてほしい。



広辞苑 第六版 刊行60年記念赤カバー付 [ 新村出 ]
楽天ブックス
普通版 新村出 岩波書店やさしい人なら解ける クイズやさしいね 発行年月:2015年12月 予約締切


楽天市場 by 広辞苑 第六版 刊行60年記念赤カバー付 [ 新村出 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同感ですよ。全く同じこと感じました
moroni
2016/04/22 08:33
最新のジェラルド・R・フォード級航空母艦が333m満載10万tですから600m級ともなると単純計算で80万tの超巨大船ですな。
タンカーならともかく、そんな巨大な戦闘艦を人類が作れるようになるのはいつになるだろう。
通りすがり
2016/11/23 15:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
「空母型」フェリー、国産第1号が4月に就航・・・ただの甲板貨物客船だと思いますが? なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる