なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Vegas Pro 13はお得か?・・・映像を編集するテクニックはソフトより感性

<<   作成日時 : 2016/03/15 10:45   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ソニーの映像編集オーサリングソフトのVegas Pro13が期間限定の4980円キャンペーンを実施していることから、PC Watchが記事を掲載している。私は、以前少しだけ触っていたが・・・今は使っていない。ちょっと考えはしたが、今はPremiere Elements 12とDirector Suite 14、さらにTMPGEnc Authoring Works5を導入して目的に合わせて全て使っているので、買う予定はないのだが、見ていると割安で欲しくなってしまう・・・これは、いかん。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/20160315_748161.html

ということで、お得感を吹き飛ばすために、今使っているソフトの特徴と編集のテクニックを書いてみようと思う。


<動画編集ソフトは、使って見ないと特徴が分からない>

映像編集ソフトは、高いほど安定性と動作性が良い。

例えば、Premiere系のソフトはメモリ環境とCPUが推奨値に達していれば、強制終了することがほとんどない。まれに多重フィルターを掛けると時より起きることもあるが・・・それでも、圧倒的に高速で安定した動作をするのが、高いソフトや長年実績のあるソフトである。これは、EDIUSなどのソフトウェアでも言える。

また、Premiere系のソフトウェアはプラグイン連携性も高く、エフェクトも多い。操作もよく使う物をうまく配置しているため、誰でも比較的複雑な編集が容易に出来るという特徴がある。

一方で、Premiere系のソフトはサブアプリケーション(オーディオエフェクトなど)の簡易インターフェースに機能が少ない。その点、Vegasの添付アプリはオーディオ系の機能が強力であることがよく知られている。特にVegas Pro 13 Suiteに添付されるアプリケーションとプラグインはプロ向けと言って十分に通用する。
ただ、全てを使いこなすには、結構苦労するだろう。簡単なモノなら、上記のPC Watch記事のようなことは、誰でも少し本気で触れば出来るだろうが・・・。(だいたい編集ソフトの操作性はどれも似ているので)



ちなみに、私が使う別のソフト、CyberlinkのDirector Suite 4(PowerDirector14)は、単純にその操作性になれたから今も使っているに過ぎない。安定性は残念ながら低いが、とにかく新映像やオーディオへの対応は早いので、購入したのが始まりである。最初に買った当時は比較的安かったし・・・。

残念な点は、エフェクトやトラックを10以上重ねると結構な頻度でクラッシュする。このアプリケーションには、クラッシュ前の状態を復元する機能もあるが・・・再起動時に回復しないケースが4/7回(7回再起動して4回作業中のデータを復元できない)あるので、結構辛い。

一度これが発生するとキャッシュを削除しないと、同じ作業で再びクラッシュするのだ。もう慣れたが・・・それでも使うのは、とにかく統一性が高いことと、派手なエフェクトが多く、DirectZoneによる有志エフェクトも豊富にあることだろう。正直、簡易な編集ならこれで十分である。
これに、Audio DirectorやColor Directorもあるため利便性は高い。
14からはモーショントラッキングとしてスポットライトとモザイク処理の追従機能が追加され、ユーザーフィードバックも結構しっかり取り入れているように見える。進化の速度は、たぶん今一番早いように思うが・・・もう少し安定性に気を遣ってくれれば良いのだが・・・。

画像


TMPGはBlu-ray DiscやDVDのタイトル作成に使っている。これに残念が点があるとすれば、DTSに対応していない事と、64bit版では無いこと。CUDAのサポートバージョンが古く、最新ドライバでは対応していない。NVENCが使えない。すでに登場からかなり時間が経過しているが、後継が出るアテも今のところないのも、ちょっと痛い点である。ただ、保守サポートはまだ行われており、時よりアップデートがある。安定性は比較的高いといえる。

これを利用している理由は、単純に複数の音声を選択できるからである。映画で言えばオーディオトラックを英語と日本語で選べるように出来る訳だ。これだけのために買う人も少ないだろうが、私的にはこれだけが理由で、その割に安価だからという安直な理由である。

画像


まあ、このように映像編集ソフトを一つとっても力を入れる機能はそれぞれ違う。PowerDirectorやVideo Studio(Corel)のような一般ユーザーが好む機能を豊富に沢山搭載したソフトもあれば、音声編集等が強力なVegasのようなソフトもある。TMPGのようにエンコードやオーサリングに力を発揮するソフト。とにかく安定性とプロ御用達のようなブランドを持つAdobe製品やEDIUSなどもあるわけだ。

しかし、最終的にそれが十分な価値を見出すかというと・・・実は高いソフトはなかなか価値を見出しにくい。なぜなら、最初から高いソフトを買うと、どこが良いか分からないからだ。逆に、機能性で言えばPower Directorの方が目に見えるエフェクトなどは豊富に有志が作ってくれていることもあり・・・。

そういう点では、Vegasは価格的に魅力だが、誰もが選んで良かったと思えるとは限らないだろう。

ちなみに、ある程度、何度も見たいと思われそうな映像編集をしたいなら・・・ソフトより次の項が大事である。


<映像編集はソフトの種類より大事なことがある>

私の場合は、撮影した写真と映像に音楽を合成し、それに合わせた映像にするのが、趣味の一つであるため、そのためにこれらのソフトを揃えたが、映像編集など妥協すれば、何でも良い。3Dの文字などはPowerPointからでも作成できる。それをクロマキーで映像に合成すればタイトルにもなる。

画像


後は、どのように見栄えよく、苦痛にならない映像を作るかである。
一番最悪なのは、ただ繋ぐだけの映像である。それなら、Vegasなどのソフトは使わず、フリーソフトでも探した方が良いかもしれない。

多くの人は、映像を繋げ、文字を入れることだけを考えるが、重要なのはバックサウンド(音)と映像の繋がりである。例えば、ドンドンという音が続く音楽なら、それに合わせて映像や画像のシーンが切り替わるようにすれば、まるで映像と音楽がシンクロしているように感じ、引き込まれやすい。

こういうことを意識すると、ドラマやドキュメンタリーのバックミュージック(サウンドトラック)が気になるようになるだろう。そういう番組を作る側がどういう意識で作っているかが分かるはずだ。
私が、音楽定額サービスなどに加入せず、CDなどで揃えるのは、私的利用が許諾されているからだ。(もちろん商用利用なら別の許諾が著作者やJASRACに必要)

映像の内容が、明るいなら華やかな曲調を、映像の内容が暗いならちょっと落ち着いたものを・・・そうやって使うわけだ。ちなみに、ピンぼけの失敗画像や映像の上に4:3画像を貼り合わせたり、同じ画を連続で撮っている写真の場合は失敗のピンぼけも間に挟むことで、実はシーンの繋がりになることもある。

後は、タイトルエフェクトは、基本的にライティングエフェクトとセットで使うということだろう。要は、タイトルだけのエフェクトではなく、バックの映像などをライティングエフェクトや、くりぬきツールなどでぼかしたりして引き立てる。


<見せたいのが、文字か映像か・・・を考える>

ホームビデオや家族写真では次の点に注意が必要である。

それは、文字で全て説明してしまうことと、映像を律儀に一つの事柄で纏めてしまうことである。

例えば、「何月何日○○ちゃん誕生日おめでとう」のようなメッセージを映像に入れる手法は・・・数年後に当人が見たいと思うだろうか?私の経験上で言えば、運動会だけの映像、お遊戯だけの映像といった映像は実は、撮った人が満足しているだけで、たいてい後から見ることはない。編集も・・・結構中途半端にコピーしただけ、タイトルを入れただけである。

これは、アルバムが全てお遊戯の写真だったらお遊戯があったことは思い出しても・・・同じでつまらないということだ。多くの人は、思い出を一人でただ眺めるだけでは無く、家族や親族と共有することもある。また、一度に多くの期間を見て成長を実感したり、苦楽を思い出すものだ。

そこで、大事なのが実は、シャッフル編集を加えることだ。もちろん、映像や写真などがよほど沢山あれば、それ一つで一本作っても良いが・・・それとは別に、ダイジェストのように作成するのである。

2015年の思い出でも良いし、2010年〜5年間でも良い。
そして、そこには文字を極力入れないのである。人は成長していくため、その時の年齢に合わせた文字を入れると後で見るに堪えない。恥ずかしい内容になることもある。だから、可能な限りシンプルにするのである。
見終わった後に、日付などがない映像や画像なら、この映像はいつだったか、どこだったか考えるはずだ。


映像は、自分が制作を楽しむことも重要だが、最終的には見せた相手に楽しんで貰えるかどうかが全てである。
お買い得なソフトをいくら揃えても、ソフトの特性と編集用途にマッチするとは限らない。特にエフェクトやタイトルの挿入ばかりに拘ると・・・よい編集結果は得られないという点には注意が必要である。重要なのは、客観的に見た時に、いつかもう一度見たいと思える映像かどうかである。




PowerDirector 14 Ultimate Suite 通常版【税込】 サイバーリンク 【返品種別B】【送料無料】【RCP】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:△在庫僅少□「返品種別」について詳しくはこちら□2015年10月 発売PowerDirec


楽天市場 by PowerDirector 14 Ultimate Suite 通常版【税込】 サイバーリンク 【返品種別B】【送料無料】【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





【送料無料】 ADOBE 〔Win・Mac版〕 Premiere Elements 14 (プレミア エレメンツ 14)[PREMIEREELEMENTS14]
ビックカメラ楽天市場店
〔あらゆる瞬間を、最高のムービーに!〕ビデオ編集ソフト。(Win・Mac版)スマートフォンやタブレッ


楽天市場 by 【送料無料】 ADOBE 〔Win・Mac版〕 Premiere Elements 14 (プレミア エレメンツ 14)[PREMIEREELEMENTS14] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ペガシスTMPGEnc Authoring Works 5
ソフマップ楽天市場店
DVDやブルーレイはその規格上様々な設定を入力ファイルや出力内容に応じて行う必要があります。ソフトウ


楽天市場 by ペガシスTMPGEnc Authoring Works 5 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Vegas Pro 13はお得か?・・・映像を編集するテクニックはソフトより感性 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる