なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰も気づかずエレベーターに1か月・・・中国のなせる技

<<   作成日時 : 2016/03/08 15:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どうすれば、エレベーターの中で一ヶ月も放置されるのか?それは、春節休暇前にエレベーターが奇しくも故障し、エレベーター管理会社が、中を確認せずに電源を切り、一ヶ月放置すれば・・・。考えるだけでもゾッとする。電源が切られていると、中の温度も冬なら下がるだろうし、真っ暗である。あのスペースで真っ暗で連絡が取れないのは、勘弁して欲しい。






このニュースを中国では、親族、管理会社、エレベーターの保守会社に対する批判を交えて報道しているようだ。ただ、親族は1ヶ月ならたぶん連絡を取らないことはザラにあるので、批判されても困るだろう。音沙汰がないことと=事件と分かるには、たまたま自宅に行ったときに留守という日が続いたり、連絡をしても電話に出てくれないなどのことが続いたときだ。

普通に考えると、管理会社とエレベーターを設置した保守会社の失態である。

まあ、日本もエレベーターでの事故は、シンドラーなどで過去に何件もあったが、流石に1ヶ月放置されることは今のところない。今後も、日本ではこういうことがない社会であって欲しいが・・・最近は、中国のゾンビ肉ほど長いものではないが、食品廃棄物が、一般の冷凍食品として販売されていたり、くい打ちが出来ていなかったり、突然泣き出す議員が登場したり、他の国を笑えないような事件や問題は起きている。

今後少子高齢化でより、保守作業員も不足するかも知れない。そういう時代になっても、こういった基本的な確認を怠ることが、起きぬ社会であることを願っている。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
誰も気づかずエレベーターに1か月・・・中国のなせる技 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる