なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS MWCで新機種続々登場・・・プロセッサが多すぎて困る人のためのスペック表

<<   作成日時 : 2016/02/23 11:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

MWC 2016でバンバン登場する新製品だが・・・正直、後から後から登場するので、埋もれていくような気もするが・・・。ちょっとずらして発表した方が実はインパクトが大きいのではと思うのは、私だけだろうか?ASUSがZen Pone Zoomなどで結構なインパクトを日本だけでなく海外にも与えたが、そういう売り方はとても大事である。

今回はとりあえず発表された製品のプロセッサブランド同士の違いを書いておく。これを読めば粗方のスペック傾向が読み解けるだろう。正直最近はQualcommも派生モデルをバンバン増やしているので、どれがどれやら分からなくなる頃である。ただ、それでも特筆すべきはSnapdragon 820のCPUベンチマークの結果が正しいのであれば、これは化け物だということだろう。Adreno530は流石ATIから買収した技術だけあり、一日の長があると言えよう。ちなみに、Andreno510のスペック情報の多くはまだはっきりしない。?の部分は間違っているかもしれないので注意して欲しい。また、Unit Numは同じブランドラインでは性能の指標になるが、MidgardとQ-USM5では比較できない。この点も気をつけて欲しい。FPU Peakは物理演算の最高性能(端数を少し切り捨てているが)である。また、ここに記載のスペックは最大値となる。一部機能は無効化も出来るため注意して欲しい。

開発元 Qualcomm Qualcomm Qualcomm Samsung MediaTek
SoCモデル名
(チップセット)
Snapdragon 820 Snapdragon
650
Snapdragon 617 Exynos 8 Octa Helio P10
型番 MSM8996 MSM8956 MSM8952 Exynos 8890 MT6755
CPU1
CPU2
CPU1コア数
CPU2コア数
Kyro-big※1
Kyro-Little※1
2
2
Cortex-A72
Cortex-A53
2
4
Cortex-A53


Exynos M1
Cortex A53
4
4
Cortex-A53

8
クラスタ数
総コア数
最大周波数1
最大周波数2
GTS
Boost
2※1
4(Quad)
-2.2GHz
-1.5GHz


6(Hexa)
1.8GHz
1.2-1.4GHz


8(Octa)
1.5GHz

4かな?
8(Octa)
2.3-2.6GHz
-1.6GHz


8(Octa)
2.0GHz
最大RAM
種別
周波数
バス幅
帯域幅
4GB*
LPDDR4
1866MHz
32bit×2
29.8GB/s
4GB
LPDDR3
933MHz
32bit×2
14.8GB/s
4GB
LPDDR3
933MHz
32bit×2
14.8GB/s
4GB
LPDDR4
1800MHz
32bit×2
28.7GB/s
4GB
LPDDR3
933MHz
32bit×1
7.4GB/s
GPU
Shader Unit
周波数
最大周波数
Unit Num
FPU Peak
Adreno 530
Q-USM5
650MHz
730MHz
256
588
Adreno 510
Q-USM5
500MHz?
600MHz?
-128?
Adreno 405
Q-USM4
550MHz
550MHz
48
59.4
Mali-T880MP12
Midgard 4
650MHz
700MHz
12
346.8
Mali-T860MP2
Midgard 4
600MHz
700MHz
2
47.6
API_Support
OpenGL
OpenGL_ES
OpenVG
OpenCL
DXD_3D
DXD_3DFL
Vulkan※3

4.x相当※2
3.2 Ready
1.1
2.0
12.0
12.1
Rev.1

4.x相当※2
3.2 Ready
1.1
2.0
12.0
12.1
Rev.1

4.x相当※2
3.1
1.1
1.2FP
11.2
11.1
Rev.0

4.x相当※2
3.2 Ready
1.1
1.2FP
11.2
11.1
Rev.0

4.x相当※2
3.1
1.1
1.2FP
11.2
11.1
Rev.0
Video Enc
H.264
H.265

2160p
2160p

1080p
1080p

1080p
1080p

2160p
2160p?

1080p
Video Dec
H.264
H.265

2160p
2160p

2160p
2160p?

1080p
1080p

2160p
2160p?

1080p
1080p
Camera ISP
対応カメラ数
画素数
Spectra ISP
3
25MP
Dual ISP
2
21MP
Dual ISP
2
21MP
Dual ISP
2
21MP
DSP
周波数
Modem
Hexagon680
1GHz
Q-MDM
Hexagon546

Q-MDM
Hexagon546

Q-MDM
On Chip? On Chip

RF On chip
Storage Class
USB Host
SD Host
UFS
eMMC5.1
3.0/2.0
3.0 UHS-I
2.0
eMMC5.1
2.0
3.0 UHS-I
eMMC5.1
2.0
3.0 UHS-I
eMMC5.1
2.0?
3.0 UHS-I
2.0
eMMC5.1
2.0?
無線LAN
LTE
Bluetooth
802.11ad
Cat.12 or 13
4.3 Ready
802.11ac
Cat.7
4.1
802.11ac
Cat.7
4.1
802.11ac
Cat.12 Or 13
4.2

Cat.6
4.x
センサーユニット
IZat8C


IZat8C IZat8C
搭載機器
ソニー
Xperia X
performance
Xperia X Xperia XA
搭載機器
サムスン電子
Galaxy S7
Galaxy S7 Ege
Galaxy S7
Galaxy S7 Edge
 
搭載機器
LG
LG G5  
搭載機器
HP
HP Elite x3
 
搭載機器
マウスコンピュータ
第2世代
MADOSMA
 
搭載機器
Elephone
Elephone M3
同P9000
搭載機器
シャオミ
  Redmi Note 3Pro      

※1 Kyroは2コア設計となっている。周波数の高いBigコアとLittleコアで構成され、それを2クラスタ化したものが、Snapdragon 820である。クラスター数は2、コア数は4という構成になる。電源管理はKraitと同様にそれぞれのコアに対して、詳細な動的コントロールが可能とされる。※2 対応は不可能ではないはずだが、動作には対応ドライバの開発が必要と思われる。 ※3 Rev.0は対応ドライバ提供、Rev.1は1.0に対応して出荷。*もしかすると8GBでもいけるかも?

 

<SoCで方向性と機能性が決まる>

上記を見て、各社のスマホを見ると、よく似た製品が並んで見えるのは、気のせいではない。例えば、MSM8996は多くの機能を持つハイエンドに使われるが、それを搭載すると無線LAN(Wi-Fi)チップや、通信モデムも似通ったものになりがちである。Zen PoneがQZSS(みちびき)に対応していたが、Snapdragonでは対応していない。即ち、日本のスマホなのに、みちびきが使えないという明後日な話になるのも、そのためである。まあ、それが悪いか良いかは別として、スタイルとしてみるとどのメーカーも似た機能、似た性能になる。ハイエンドほどその傾向が強いのは、やはりQualcommブランドの強さである。そういう点では、ASUSはx86もハイエンドで提供しており、直接勝負をしない辺りが、昔の日本メーカーのようだ。国内外で市場を取っている理由かもしれない。

廉価な製品は、MediaTekのような中華系が使われる。これだけでも、2年3年前のハイエンドスマートフォン以上の機能性をSoC内に備えているため、安く買うだけならこれらでも十分である。正直4Kなどいらない。ゲームもしないなら、MediaTekブランドでも十分だろう。SamsungがExynosを開発した理由は、単純に差別化と思われる。SoCが同じだと結局違いが出にくい。だから、SoC開発をして差別化をしようとしているのだろう。ただ、Snapdragon 810の頃は810が発熱で酷評され、Exynosが評価されたが、820では逆にSnapdragonの方が性能をしっかり発揮しそうな予感がするため、なかなか自社開発のコアというのを売るのは難しいだろう。

 

<スマホも既にコモディティー化>

スマートフォンはもうコモディティー(日用品)化しており、差別化といってもここまで普及すると、高価なモデルはなかなか売れなくなる。なんせ、廉価製品でも十分な性能を持つようになっているからだ。リアルタイムで超高画素な3Dゲームでもしない限りは、Snapdragon 650で十分な性能を発揮するだろう。820のAndreno530に至ってはバス幅こそ狭いが、ハイビジョンで高精細なゲームが出来ると売り出したPS3向けGPUより2倍以上演算性能は高いわけだ。まあ、このクラスが数年で600番台に降りてくるかは最近の傾向を考えると微妙だが・・・もう、普通に使うだけならこんなにスペックはいらないということだ。

本来は、この性能を生かす何か提案があれば、買い替えたくなる人もいるだろうが・・・。電話に、電話帳、メモ帳、音楽プレーヤー、携帯ビデオプレーヤー、ビデオレコーダー、カメラ、ビデオカメラ、体組成計(一部機種のみ)、気温、気圧計(一部機種のみ)、カーナビ、パソコン相当のブラウザ、メールやソーシャルサービス投稿閲覧などのインターネットサービス・・・などなどが一つになった今、これにさらに何を与えるのか何を足せば売れるのか・・・そもそも、プロセッサ性能を活かせるビジネスがあるのか・・・なかなか見つけるのは難しい。私が思うには、Snapdragon 820などのプロセッサはスマホ以外の使い方をしたときに、もっと凄い価値が生まれそうだと思うが・・・。スマートフォン中心なのが勿体ない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MWCで新機種続々登場・・・プロセッサが多すぎて困る人のためのスペック表 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる