なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Intel Atomだからとは言わせない程度に・・・x5/x7は性能がある。価格は・・・

<<   作成日時 : 2016/02/08 11:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、Atom Z3735Fのスペックを紹介したが、Web参照や動画視聴程度なら十分な性能があることを紹介した。もちろん、4Kには対応しないので、UHD 4KのBDなどは再生できないが、DVDやBDを見るぐらいまでなら、耐えられる性能がある。ただし、メモリーは2GB、USB3.0非対応、USB2.0は3ポート(内一つはデバイス条件付き)などの仕様があることを紹介した。

今回は、その後継となるCherry Trailプロセッサ(Atom xシリーズ/Z8000シリーズ)について、記載しようと思う。このプロセッサにはx3、x5、x7の3ブランドラインがあるが、現時点ではx5がZ8300、x5がZ8500、x7がZ8700というモデルナンバーになる。ちなみに、x3系はモデムも内蔵しているものが基本となっており、どちらかと言えばスマートフォン向けの製品であると考えれば分かり易い。そのため、今回はx3を除外して説明する。

世間では、既に動作性能はSurfaceがZ8700を搭載していることもあり出回っているが、Atomの詳細スペックなど市場にはほとんどない。しかも、記事によって書かれている内容がまちまちなのは、Atomという性格があるのだろう。ハイスペックプロセッサは、詳細に書かれるが、Atomのような低い性能の品は、あまり評価されないからだ。

ということで、登場間もなく1年のAtom x7/x5のスペックである。

CPU名称
ブランド名
Atom Z8700
Atom x7
Atom Z8500
Atom x5
Atom Z8300
Atom x5
Atom Z3735F
開発コードネーム Braswell Braswell Braswell BayTrail-CR
Processor
Architecture
x86/x87
x86-64
x86/x87
x86-64
x86/x87
x86-64
x86/x87
x86-64
製造プロセス 14nm(LP) 14nm(LP) 14nm(LP) 22nm(LP)
コア数/スレッド 4/4 4/4 4/4 4/4
ベース周波数 1.6GHz 1.44GHz 1.44GHz 1.33GHz
最大周波数 2.4GHz 2.24GHz 1.84GHz 1.83GHz
L1データキャッシュ
L1命令キャッシュL2キャッシュ
LLキャッシュ
24KB×4
32KB×4
1024KB×2
24KB×4
32KB×4
1024KB×2
24KB×4
32KB×4
1024KB×2
24KB×4
32KB×4
1024KB×2
Package Type4 Type4 Type3 Type3
DMI On Chip Bus On Chip Bus On Chip Bus On Chip Bus
SDP
組込オプション
2W
×
2W
×
2W
×
2.2W
×
命令セット
FMA
SSE
AVX
AES-NI
TSX-NI
SGX
MPX
TXT

×
4.1/4.2
×

×
×
×
×

×
4.1/4.2
×

×
×
×
×


×
4.1/4.2
×

×
×
×
×


×
4.1/4.2
×

×
×
×
×
対応メモリー
DDR4
DDR3L
LPDDR3
ECC対応
Channel
最大帯域幅
8GB
×
×
1600
×
2
25.6GB/s
8GB
×
×
1600
×
2
25.6GB/s
2GB
×
1600※1
×
×
1
12.8GB/s
2GB
×
1333※1
×
×
1
10.6GB/s
GPU HD Graphics HD Graphics HD Graphics HD Graphics
動作周波数
最大周波数
Unit Num
専用VRAM
動的VRAM
ShaderEngine
200MHz
600MHz
16EU

1GB?
8Gen-LP
200MHz
600MHz
12EU

1GB?
8Gen-LP
500MHz
500MHz
12EU

1GB
8Gen-LP
311MHz
646MHz
4EU

1GB
7Gen-LP
API_DirectX
API_DirectX_FL
API_OpenGL
API_OpenCL
11.2*
11_1
4.3
1.2
11.2*
11_1
4.3
1.2
11.2*
11_1
4.3
1.2
11.0
11_0
3.2
1.2
ビデオ録画
Encoding 
1080P
4K
H.264
H.265
QSV※2

HW
○(120fps)


×
×

HW
○(120fps)


×
×

HW
○(120fps)


×
×

HW
○(60P)
×

×
×
ビデオ再生
Decoding
1080P
4K
H.264
H.265
CVT※2

HW
○(240fps)



×

HW
○(240fps)



×

HW
○(240fps)



×

HW
○(60P)
×

×
×
PCIe Rev.
レーン数
PCIe構成
双方向帯域幅
2.0
2
2×1,1×2
2GB/s
2.0
2
2×1,1×2
2GB/s
2.0
1
×1
1GB/s
×(未実装)
×
×
×
チップセット On silicon On silicon On silicon On silicon
SD Card
eMMC
SATA
SD3.0
4.51
SD3.0
4.51
3.0
4.51
SD3.0
4.51
USB※
最大ポート数
・最大USB3.0
・最大USB2.0
3.0
3
3(OTG 1)
0
3.0
3
3(OTG 1)
0
2.0
3
0(OTG 1※3)
3
2.0 Only
3
0
3 (2Host+1Device)
希望価格 37ドル 27ドル 21ドル 18ドル

?マークは確認取れず。*12では無いので注意。※1 Reduced Standby※2 QSV/CVTとコマンドの同一性を持つがイメージデバイスからの処理も可能と思われるため、ブランド名を冠していないと思われる。※3 仕様書の記載に基づき、OTGが1ポートあるが、USB3.0はNot Supportとなる。ARKではUSB3.0対応になっている。




正直、インテルの仕様書もデータシートとARKでアレッと思う部分があったり・・・、だいたいこんな感じである。Z8300はエンコードとデコードの仕様が8700と8500と同じにしている。いろいろ調べたが、正しいかどうかが分からない。同じだと信じている。後は、GPUのシェアードするメモリ容量がZ8700と8500は確認できていない。1.4GBかもしれない。
ちなみに、カメラ用のISPも搭載されているが、ここには書いていない。簡単に書けば、8MPの8300と、13MPタイムラグゼロの8500/8700となる。


これを見て分かることは、PCIeまであることだろう。また、グラフィックスエンジンが第8世代へとパワーアップしている。DirectXのFeature Levelが11.1になったことでWindows10でさらに快適な3D/2Dレスポンスを実現できるようになっている。メモリが8GB実装できるZ8500や8700なら、きっと軽いマクロ処理や画像編集なら、遅さはもう感じないだろう。もちろん、横にCore iシリーズのPCを並べたり、ベンチマークで比較すると、大差を付けられるのは、仕方がない。

ちなみに、Z8700のSoC単価はAtomZ3735Fの2倍ほどするが、スペック上の性能は新しいため、出来ることは少し多いだろう。果たしてそれがタブレットや小型PCを使う上で必要なものかで判断する必要がある。


過去のプロセッサと性能基準で言えば、Atom Z3700世代が、Core 2 Duoと比較されることが多いが、CPUの純粋な性能は、Core i7-660UMと同等程度の性能がZ8700である。タブレット/薄型ノート向けの廉価プロセッサが、5年前のTDP18W代のU系i7プロセッサとほぼ同じになった。
15インチノート(35〜45W)だとまだCore i3 350M並であるが、既に性能はWindows7時代のPCに追い付き、一部を追い抜き始めている。特に、省電力のコンパクトノートは、CPU性能でもう抜かれているものもあるわけだ。

これにGPUの差やメディアエンコードやデコードの差が加わると、大きな差になるだろう。

流石にAVXがまだ実装されていないため、Core iシリーズの2000世代を抜きに掛かるのはGoldmont以降の世代までお預けだろうが、もしAVXが実装されれば、本当にAtomだけで十分という人が、一気に増えるかもしれない。そうなっては、Intel的には困りそうなので、実装していないのだろうが・・・。

<Atom x7/x5は買いか?>

正直に言おう。ここまで良いこと書いておいて・・・実は買いでは無い。理由は単純だ。Core Mに比べてしまうと、価格が近くなり、Core Mの方が性能は1.2〜1.5倍性能が上である。そして物によっては、10万近い価格になる。
要は、単価が少し高く、他のブランドと重複する面があるのだ。

結果的に、お安い品は、AtomZ3700世代に食われ、性能世代はCore Mに食われてしまう傾向が強いのである。ただ、買い手の多くは、製品性能から見た価格的な比較はしないため、ちょっと高くてもAtom xシリーズが売れるのだと思われる。

尚、これは今現在の話であり、将来的な話ではない。Atom Z3700シリーズが減少すればx7やx5がしっかりとその代わりに収まるハズである。そうなると、お値打ちになる可能性もある。まあ、今でもSurfaceなどのブランドで買うなら、x7は一番安いといえる。



【送料無料】Microsoft(マイクロソフト) Surface 3 (4G LTE) Atom x7/128GB [Windowsタブレット][Office付き] MSSAA4 [タブレットPC]
ソフマップ楽天市場店
■タブレットの最高傑作軽くて薄く、耐久性に優れたタブレットで、どこへでも持ち運べます。また3段階のキ


楽天市場 by 【送料無料】Microsoft(マイクロソフト) Surface 3 (4G LTE) Atom x7/128GB [Windowsタブレット][Office付き] MSSAA4 [タブレットPC] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Intel Atomだからとは言わせない程度に・・・x5/x7は性能がある。価格は・・・ なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる