なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 最新ビルドのWindows10が今週も登場、TH1_ビルド10240へ一気に駆け上がる

<<   作成日時 : 2015/07/16 08:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ついに最終フェーズに突入する。アップデートはSlow及びFastの両方のIPテスターである。
アップデートの名称が、fbl_impressiveからTH1という名称に変わっている。このビルドではデスクトップ透かし(ウォーターマーク)は消えているようだ。バージョン情報はwinverなどで確認するようにとのこと。

尚、改善されたのはEdgeのパフォーマンス改善
ディベロプメント向けのVS環境において、UWPをマイクロソフトのアプリストアにアップロードできるようになるようだ。
また、モバイル向けのOffice Preview(UWP)が、Office Mobileに変更されるようだ。

即ち、最初のRC(Release Candidate/製品候補)に相当する製品となる。
今までのWindowsから見てもギリギリのRCとなる。

画像


尚、いつも通り変更点などがあれば、後々追加していく(午前15時現在-日本語、英語テスト中)

<ついに正規版ベースのEULAに更新され、簡単な初期設定が必要になる>

セットアップが完了すると今回は、ユーザー確認が行われ、正規と思われるEULA(end-user license agreements/電子使用許諾証明書)が表示される。そして、機能限定(評価版)に関する記載もこれに含まれている。
尚、1ライセンス辺りのバックアップ用の複製はこれまで通り1つまでとなる。実運用は1つのデバイス(仮想環境も含む)までとなっている。EULRには必ず目を通すことをお薦めする。

画像


画像


初期設定も表示されるようになり、いよいろ製品候補っぽい雰囲気が漂う。

画像


ここから下は、上記画面で[設定のカスタマイズ(C)]を行った場合のみ。
画像


画像


画像


ここは、[規定のアプリを選択]をクリックした時のみチェックボックスが表示される。
画像


一通りの設定が終わるとTPでお馴染みのロックスクリーンが表示される。
画像


尚、ログイン画面は、今で通りのスライドタイプなので、過去の物を流用します。壁紙は少し違いますが・・・。
画像


デスクトップの右下からバージョン透かし(Insider Preview)は消えました。
画像



ストアアプリの更新できないアプリ不具合も解消された?かもしれない。(暫く確認予定)
画像


別に治ったわけではありませんでした。
問題が発生するMSNフードアンドレシピとMSNヘルスケアは英語版にはないアプリなので、それが影響している可能性が高いのかも・・・。
画像


<Microsoft Edge>

Microsoft Edgeはバージョンが20.10240.16384.0という刻みに・・・。
画像


過去記事で説明していますが、Doloby Audioも使えます。

画像


<検索するランドマークが東京タワーだけとは限らない・・・>

159の記事で、マップで東京タワーがというのは書きましたけど。治ったようです。マップアプリは、品川駅や東京駅から東京タワーが問題なく出来るようになりました。

うまくいったので、次の指令を与えてみました。

しかし・・・最初の指令で、迷いました。
大阪駅や品川駅から通天閣は無理です。一番上に出てくる有力候補が、大阪通天閣の味です。
何故か東京にあるお店までルートを検索してくれます。
画像


これはアルゴリズムの問題かな?これが、Windows Phoneを大々的に売り出せない理由かも・・・。
Google Map並はまだ遠い。

<天気アプリはタイル表示も可能に>

ライブタイルも完全に表示されるようになった。
画像

画像



<メールアプリはあまり変わらずシンプル過ぎる>

メールを使う人は減っていると言うが、ビジネスなどでは相変わらず使うことも多いはずだ。また、マイクロソフトアカウントの認証などにもメールアドレスは必要である。そういう点では、以前より重要なメールで、メーラー(メールソフト)を使うことは増えている。

そのメーラーがWindows10ではUWPへと変更された。3ペインメールUIについて書いたのは、ビルド10061の頃である。
正直、標準のメールアプリは私は、今後も使わないだろうから、今回がメールアプリのレビューは最初で最後になるかもしれない。Windows Phoneでも買えば別だが・・・。

あまり変わっていない、シンプルな3ペインメールUIである。見た限りでは、確かにメール作成機能はワードのモバイル版に匹敵するような機能があるが・・・メーラーとしては、迷惑メールフィルターなどが見当たらない。あるのかもしれないが・・・本当に受信して閲覧するというタイプであり、メールフィルタリング(仕分け)機能もないように見える。

これは、メールをよく使う人なら、正直お薦めできないアプリである。

Mozilla Thuderbirdなどの方がまだ良いと思う。下図は使わないメールサーバーのデータを受信した光景。ExchangeやGmail、iCloudなども使える点ではプラス。操作性と機能性がマイナス。このメーラーだと、なりすましの地雷を踏みそうです。
画像



<ちょっとした予定入力に便利なカレンダーアプリ>

Outlookなどのようにしっかりしたスケジュール管理ができるとは言えないが、アラームなどの連動も可能なカレンダーアプリである。メールとセットのアプリなのは10061と変わらない。
画像


予定の詳細設定画面
画像




その他にフォトアプリは、まあ簡易編集ぐらいなら十分な機能がある。尚、RAWファイルのサポートは以下URLのカメラコーデックパックの時よりは増えていると思われるが、ほとんど使えないかも・・・。2006年のDMC-FZ50のRAWファイルも表示出来なかったので、RAWファイルサポートが入っていても、対応数は全てではなさそうだ。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=26829

画像


<ソリティアコレクション>

OKボタンが気になる。(初回のみかな?)
画像



<MUSICアプリはGrooveミュージックになったが・・・ちょっと不安定>

ちょっと不安定である。起動しても数秒で落ちるケースが5〜6回発生した。初期のオーディオ検索時に起きやすい傾向があるように見える。以前も書いたがこのアプリは、Windows Media Playerほど多機能ではない。Cortanaとの連携に対応しているアプリである。
画像


<OSの安定性は・・・まだ未知数>

これまでのIPに比べると、着実に不具合が修正されているように見える。
ただ、今の段階では安定しているかどうかの判断はちょっと難しい。日数も既にあまりないことを考えると、やはり29日の初っぱなに更新する人は、人柱になる覚悟が必要だろう。IP登録者が優先されるので、初心者が最初から当たることはないだろうが、やはりサブマシーンでしっかりテストしてから導入することになると思われる。

尚、製品版までにもう一つ何かあるようだが・・・。RC2(TH2)になるのか、それとも・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Windows 10 Insider Previewには新機能がてんこ盛り
Build 10240リリース << 次期OSとなるWindows 10 Insider Preview(旧Windows 10 Technical Preview)をダウンロードし、iMac + Windows 7 Pro (64bit) + VMware Player上にゲストOSとしてインストールしてみた。スタートボタンとスタートメニューが復活し、ソリティアなどのゲームも復活する。コマンドプロンプトが地味に進化している。新ブラウザ「Microsoft Edge」(開発コード名:Sparta... ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2015/07/18 17:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最新ビルドのWindows10が今週も登場、TH1_ビルド10240へ一気に駆け上がる なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる