なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows10が快適に動くスペックはどれぐらいなのか?

<<   作成日時 : 2015/03/20 09:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 377 / トラックバック 0 / コメント 0

<必要スペックはどのぐらいなのか?>



ここでの評価は、古いPCで取得したデータやベンチマークサイトの情報を元に、おおよそを算出したり、実際のTPの操作性から導き出しているものである。
これは、判断の目安であり推奨するものではない。あくまで、ご自身で最終判断はして欲しい。


<ディスプレイの解像度がSVGA(800×600)以上というが?本当に使えるの?>

まず、明確に書いておくが、一部サイトでSVGA(800×600)ドットのディスプレイから使えるような記述があるが、あれはIoTデバイスやSoCデバイス向けのプロモーションと思われる。WinHECはソフトウェアやハードウェアの開発者会議であり、組み込むならそのサイズからできるというのはよくあることだ。現段階ではPCがその解像度をサポートするかというと、以下の10041でもXGA(1024×768)からのサポートとなる。これは、Windows8.1の要件と合致している。

画像


IoT向けのデバイスは、高いアプリケーション汎用性を求めないためスペックを目的の最小範囲にとどめることで、SVGAをサポートできるとしているのだろう。もちろん、今後のビルドアップでPCもサポートされる可能性はあるが、私はSVGAやXGA解像度のディスプレイで旧来のパーソナルコンピュータを使うなら、Windows10は生産効率を落とすため、導入しない方が良いと述べておく。

理由は単純である。
スタートメニューの操作性が大きく悪化するからである。
下は、1366×768ドットでスタートメニューを表示した時の状態である。尚、設定は一切触っていない解像度のみ変更してランチャーメニューも弄らず使うという条件で書いているのでその点に留意して欲しい。

タブレットモード(フルスクリーンの8.1と同等表示)のランチャーでは、下に隠れたタイル(アプリのショートカット)が、右に展開しているのがおわかりになるだろう。ちなみにこれは、Windows10英語版だが日本語版も9926と10041では同じ動きをする。
画像


では、これをXGA(1024×768ドット)に変更するとどうなるだろうか?

下図のように、縦のままスクロールしなければ、すべて表示することはできない。これは、1152ドットでも広がらない。横の解像度は最小で1280ぐらいないと、デフォルトのスタートメニューランチャーは、横に展開されないのである。
画像


これで、SVGAがサポートされるから、PCで導入できる敷居が下がると思ってしまうと大変危険な結果になる。
少なくとも、快適に使う場合は解像度は1280×720ドット以上の解像度、できれば1280×1024または1366×768ドットが、デフォルトの設定でも使える最小条件だと思って欲しい。

<古いパソコンでもWindows7が入るなら動くの?>

マイクロソフト社が、NX-bitを要件から外せば動くPCは増えるかもしれないが、要件が変わらないなら、基本的にWindowsXPからアップグレードされた7などは、動作するとは言えない。VistaからのアップグレードによるWindows7はCeleron系ではかなり厳しい。また、Pentiumモデルも厳しいものがある。これは、NX-Bitの影響が大きい。

尚、Windows7世代からは、そのほとんどがNX-Bitに対応するが、その場合でもごく僅かに廉価CPUにおいてNX-Bitに対応していないものがある。

このBlogでは過去に、「Windows10へのアップグレードの注意点、フルで使う時の必要ハードウェア」という記事で書いたのだが、NX-bit(No eXecute Bit)は、ハードウェアによるバッファオーバーフロー(桁あふれ)を抑止する機能である。
Windows8からは、これが必須機能となっており、これがなければWindows8以上のOSは利用できないのである。

そのため、Windows7が動くから8以降のバージョンが動くわけではない。
WindowsVistaなどからアップグレードしてきたコンピュータで、10に更新したいと思っている人は、予め以下のWindows8アップグレードアシスタントをダウンロードして、互換性レポートを確認して欲しい。SSE2、PAE、NX-Bitの3つのうち1つでも、当該から外れている場合は、Windows10は導入できないと思って良いだろう。
Windows7ユーザーでも、心配であれば下をチェックしてみると良いだろう。
(例え導入できるよう要件が変わっても間違いなく快適には動かない)
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/upgrade-assistant


<CPUのスペックはどのぐらいから快適になりそうなのか?>

現在のSilvermont Micro-Architecture(←AtomZ3xxx世代の記事に飛びます)と呼ばれるAtom Z3xxxのプラットフォームはCore 2 Duoシリーズに匹敵する総合性能※1がある。これはメモリコントローラーとグラフィックス機能を内蔵したためでもある。

Snapdragon410なども、それと競うラインにあり、だいたいその辺り(Core 2 Duo以上)が、快適性との境界線となるだろう。

これより、下のプロセッサは即ち、中位以下のスマートフォン(携帯情報端末)より性能が低いことを意味する。
下手をすれば、スマートフォンに限らず、最新のガラケーと呼ばれる携帯電話より、下かもしれない。

そのため、CPUだけで見たときにそこそこ使えそうな最低ラインは、第2世代(45nm)のCore 2 Duo T9400(ノート)、Core 2 Duo E8200(デスクトップ)ぐらいを目安にするのが良いだろう。4コア製品ならPentium EEでもいけるかもしれない。(残念ながらNetBurst系は最上位でさえも話になりません。Pentium4以前は買い換えを推奨します)
これでも、Windows Vistaまでに比べて、古いラインをサポートしていると言える。

尚、確実なのはCore iシリーズである。Core iになればいうことはない。
では、Atom、CeleronやPhenomなどのプロセッサはどうかというと。

AMDのPhenomはX2、X4とPhenom II辺りいわゆる2008〜2009年ぐらいの製品なら、良いだろう。
Atomの快適性は3000世代(先リンク参照)ならそこそこ動くだろう。ただし、3000世代でもCPUそのものの性能は決して高くはない。(グラフィックスチップが平均的なパフォーマンスを押し上げてくれている)Atom 8000世代になれば、そこそこいける。
それ以前は、動きはするが動作のさくさく感は望めない可能性がある。Celeronは、グラフィックスをCPU統合したデュアルコアの製品辺りならそこそこの快適性を満たすだろう。

それ以下は、できれば買い換えを検討した方が良いと思われる。また、これらに該当しても、扱うソフトによっては快適性を損なう場合もあるかもしれない。尚、快適性を確保するにはデュアルコア(2つのコア)CPU以上が好ましい。

よってある程度快適に動くには次のCPU条件を満たした方が良いだろう。

Core 2 Duo/AthlonII/Phenomなどで64bitコアを搭載した2コアのプロセッサ。


※1 純粋なALU/FPU性能はCore Duoの方が近い性能である

<グラフィックス性能はどのぐらい必要なのか>

一般にWindows7やVistaを利用している人ならご存じだろうが、WDDM1.0以上のドライバを導入し、DirectX9.0対応のビデオカードがなければ、透けたデザインのデスクトップを快適に扱うことはできない。
一般にIntel 945G辺りが最低スペックになる。尚、このクラスになるとNX-Bitに対応していないCPUが搭載されている可能性が高いので注意して欲しい。

しかし、画面解像度を1280×1024ドット以上で快適に使うには、Intel G45(Intel Graphics Media Accelerator X4500HD)辺りを搭載した製品が妥当になる。

フル機能(DirectX12)を求めるなら、過去の記事にも書いたが、Intelなら、Iris Graphics 5x00シリーズ以上、nVIDIAならGeforce 500/600系(Fermiコア以上、最小は520/610辺りか?。Maxwell/第2世代Maxwellでフル対応)AMDはGraphics Core Next(Radeon HD 7000世代以上)になる。

普通にビジネスワーク及びコンテンツ再生(G45)やゲーム(DirectX12)なら、上記の条件を満たした方が良い。

Web動画の再生などを行うことが多いなら、
もしかするとコマ落ちが増えることがあるかも・・・それを左右するのは、

Intel Clear Video HD Technology(ICVT HD)と呼ばれる技術である。基本的には、RADEONならHDシリーズ(2006年)から、同等技術のAVIVO HDが、nVIDIAならGeforce8000世代、2006年からサポートしている。しかし、インテルCPUまたはチップセット内蔵グラフィックスは、最近の製品でも搭載されていないものがある。
最初にインテルが搭載したのは、2008年の先述のG45チップセットであるが、現在流通している製品でも一部Celeronには搭載されていない。(最近投入されたプロセッサならCeleronでも搭載されている。尚AtomはZ3600/3700以降なら全ての製品が、HD動画の再生支援とエンコード支援に対応している。)

動画再生がメインでCeleronを利用されている人は、今Windows7などで何とか動画再生時にコマ落ちがちょっと起きる程度で再生できている場合は、Windows10にすると、著しく再生性能が低下する場合もあるかもしれない。


<ハードディスクスペースは20GBで足りるの?>

現在TP版(10041)でのディスク容量を参考として記載すると、2つのアカウントの併用環境でほぼ何もソフトを入れていない方(Adobe ReaderとFirefoxぐらい)は、以下の画像のようになる。

画像


これを見てビックリする人も多いと思うが、テクニカルプレビューでWindows.OLDが残っているためである。
ただ、これを削除しても、ちょっと20GBを越えてしまう。これは、シャドウファイルなどがあるためだろう。※
画像


※組み込み型のスマートフォンやタブレットデバイスでは、これらのディスク保守機能はPCのようには行われていないため、小さくなりますが、デスクトップはこの手の機能があるので、ぎりぎりのディスク容量だと一部機能の停止などが必要かもしれません。

pagefiles.sysとswap.sysが約1GB消費しているが、それをシステム設定から作成しないように設定し、減らしてもまだ22GBほどある。圧縮をかければもう少し減るだろうが、PCで仕事やソフトをインストールして使うには、ちょっと心許ない。
画像


この辺りを考えると、PCでのアップグレードなら最小でも60GBぐらいが妥当かと思われる。それだけあれば、Webデータの保存や、写真や動画をばんばん撮影し、保存するひとでなければ、実用上で困ることはないだろう。

画像やデータをどんどん保存する人は、60GBでは一瞬で枯渇するだろう。

尚、Anniversary Update以降にアップデートするとHDDモデルでは動作性能低下が起きることがあります。これは、Windows10のワークパフォーマンスをSSDに最適化しているためと思われます。環境によってHDDでは速度が遅くなることがあるのでご注意を・・・・。

<新規で買う人は、大きな容量の方が良い>

また、新規にパソコンを購入する場合は、容量が多いに越したことはないだろう。特にSSDの場合で、長く使いたいなら128GB以上を買った方がよいかもしれない。これは、今回がWindowsにおける最後のメジャー更新になるとされているためである。それ故に買い換えサイクルも減るため、ディスクの容量が大きい方が、困ることなく使えるはずである。そういう点では、少し高くとも、ディスク容量は128〜256GB※2より大きい方が良いだろう。

※2 SSDの場合、HDDならノートで250GB〜640GBぐらい。

これより少ない容量で事足りる場合で、尚且つWeb閲覧、クラウドサービスの利用だけなら、PCより、タブレットなどの方が良いかもしれない。PCでなければいけない理由がないのである。また、これらの製品は使える機能が決まっており、それ故に保守期間中なら、やりたいことに対する支障は発生しにくい。

しかし、PCとして新規に選ぶなら、スマートフォンなどが今後進化すると、最小要件が徐々に変わることもあるかもしれない。(それができる限り起きないよう、WINBOOTの進化形が搭載されるのだが、容量はいつかは増えていくだろう)
そのため、スマートフォンでも登場している64GBや128GB以上を選んだ方が、PCとしての実用性や保守やサポート性は長くなると考えるのが合理的である。


<メモリの容量は1GB(32bit)〜2GB(64bit)で動くのか?>

32bit環境については、TH2までは問題なくアップデート出来る。Anniversary Update以降は動作環境として対応していない。

64bit環境については、以下の画像を見て欲しい。
起動段階で消費しているメモリ容量は、だいたい1.7GBである。

画像


この状況からみて、2GBまで300MBである。この環境ではWindows Defenderを使っており、市販の対策ソフトを使っていない。即ち、2GBではOSは起動できるがアプリケーションはワードやエクセルなどのソフトが少し遅いが使えるぐらいである。
尚、Internet Explorer11をその環境で起動するとMSNを表示するだけで、76.4〜98MBのメモリを消費する。即ち、0.1GBぐらい使われるのである。
画像


この辺りから考えると、市販のセキュリティソフトと、ブラウザを1つ起動するだけで、2GBでは不足することが予想される。アップグレードの場合は、最低限でもプラス2GB(4GB)ぐらいは必要だろう。

尚、3GBだと一部環境では、メモリの帯域幅が落ちる事があるので、4GBの方がパフォーマンスが確実に向上するはずである。
と記載していたが、サービスを沢山起動している場合、Creators Updateの仕様が変わったことで、3.5GB〜4GBでは性能が落ちる場合があります。

新規にPCを買う場合は、8GB以上メモリがあると良い。これは、私が個人で使っているWindows7PCや8PCが3GBから4GB程度のメモリを起動時に消費しているからである。使い方によっては、ほとんど消費しないだろうが、たいていの人はメーカー製のPCを買うことが多いため、最初からソフトウェアが入っていたり、自動アップデートツールが入っていたりする。そのため、メモリ8GB以上がベストである。


尚、Windows10は2016年7月のアップデートにて、32bit版のみメモリの最小容量が2GBに増えています。
そのため、現在メモリが1GBしかないPCでは、アップグレード後に次のアップデート(Anniversary Update/Build 1607)は適用できないことがあります。



<他に必要なものはあるのか?>

ノートPCを買うなら、従来のディスプレイ折り畳みだけのノートより、Surface Pro 3のような着脱式ディスプレイモデルだと、Windows10の機能を余すことなく使うには便利かもしれない。ただ、性能の割に単価は少し高いので、ゲーマーなどには向かないだろう。
オフィスワークやクリエイティブワークなら、これでもたいていは事足りるはずだ。

ほかにも新しく付加される機能はある。たとえば、Cortanaは国内ではまだ始まっていないが、いつかはスタートするだろう。ただ、こういった機能はオプションのヘッドセットマイクなどを取り付ければ、利用することはできるので、PC本体購入時やOSのアップグレードでは直接必要なものではない。重要なのは、パソコン本体の性能なのである。


そのため、今の段階で、WindowsVista/7からアップグレードをしたいなら、とにかくWindows8用のUpgrade Advisorを導入して動きを確認しておくことをお勧めする。そこで、PAEはないと思うが、NX-BitとSSE2がサポートされているかをまず確認しよう。それが最も大事なことである。

尚、安価タブレット利用者などは、ここ(←クリックすると記事リンクへ飛びます)も読んでいくと良い。とにかく、Windows10は、開発者や開発に協力している人でも、トラブルに遭わなければとても出来が良い一方で、トラブルを経験すれば、苦労もそこそこにあり、サポートサイトやAnaserサイトでさえも、答えを持たないケースがある。その辺りは、覚悟が必要で、不具合が起きたときのために、ある程度定期的なバックアップ(設定アプリの更新とセキュリティの[バックアップ]ペインで行う、必ずバックアップ対象のディスク容量より大きなHDDなど外部媒体が必要になる)を心がけた方が良いだろう。

そして、今の環境に満足しているなら、敢えて更新することを推奨はしない。はっきり言おう、今の段階で、このOSの出来は、決して良いとは言えない。特に、ストアアプリ関連の不具合は多いのである。そのため、もし導入を検討しているなら、今の環境は今の環境で旧OSを残し、windows10搭載の安価なPCを導入した方が良いかもしれない。
何せ、Windows10標準搭載でさえも、トラブル対応は、手探りなのだから・・・。

更新情報
2015年3月20日09時30分_解像度について追加。
2015年3月20日11時50分_CPU、GPU、ハードディスク容量について追加。(調査中の内容であるため、今後修正する可能性があります)
2015年3月20日14時30分_CPUの内容について内容情報を補正しました。
2015年3月20日17時06分_その他更新
2016年4月23日 Atom記事へのリンクを追加、バックアップ推奨記事追加
2016年5月25日 Windows10 Anniversary Updateのメモリ要件を追加
2017年3月01日 Windows10 Creators Updateの仕様変更要件と、Anniversary UpdateにおけるHDDモデルの性能限界を追加。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 377
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows10が快適に動くスペックはどれぐらいなのか? なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる