なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Snapdoragon 810 周波数低めのスタート

<<   作成日時 : 2015/02/03 18:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Snapdragon 810は予定通りのサンプル出荷が開始されており、予定通りに第二四半期から第三四半期までに製品として登場するのは間違いないようである。

製品コード(MSM8994)の変更もないと思われるため、順調と言うべきだろう。
対応するデバイスの数は60を超えるようで、ほぼ独壇場と言ってよいのかもしれない。

尚、前の記事には後ほど加筆するが次の点が更新される。
RF(Radio Frequency/送受信の信号回路)にはQualcomm RF360を引き続き採用する。

プロセッサコアのクロック周波数は最大2.8GHzとしていたが、A57が2GHz、A53が1.5GHzと控えめに変更された。
Adreno 430は従来に比べて30%高速化、20%低消費電力となった。


この辺りは以前の情報からかなり性能向上が抑えられたようだ。やはり、プロセス(発熱など)の問題が存在しているのは事実なのだろう。それでも、かなり高速になるようだが・・・。

WiGig(60GHz帯域)はハードウェアレベルでサポート済み。
Dolby AtomsはDSP上でサポート。
オーディオは192KHz/24bitまでをフルサポートする。
位置情報測位システムには、GPSの他、Glonass、北斗(Baidou)、Galileoに標準で対応できるIZat Gen8C。

となった。

考察を含めた最初の資料はこちらである。
最終的にまとめたものはこちらである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Snapdoragon 810 周波数低めのスタート なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる